日記・コラム・つぶやき

2017年1月16日 (月)

雪が積もりました

今朝は、週末の雪がしっかり積もり、トーマスの園庭・園舎も真っ白です。
こんなにたくさんの雪が積もったのは何年ぶりでしょうか。

登園してくる子どもたちはすごく楽しそう♪
お母さん、お父さんはこんなに降るなんて・・・と
この天気にちょっとお疲れ気味・・・

真っ白な園庭では子どもたちは大はしゃぎ!
凍える寒さの中、めずらしい雪景色に興奮し、走り回って雪とたわむれています!

大きな雪だるまをつくろう!という意欲あふれる姿や目をキラキラさせる姿を見ると、
普段できない体験と出会えた、よい機会になったのではないかと思います( ^ω^ )

Cimg9233


Cimg9232

2016年11月 1日 (火)

トーマスキラキラ発表会を通して思うこと

トーマスぼーや保育園は毎年12月にトーマスキラキラ発表会を行います。
私たちはそれぞれの行事に向けていろいろな思いを寄せています。
今月のおたよりでも書かせていただきましたが、
今回はキラキラ発表会への思いを伝えたいと思います。

 
先日行いました運動会は、当日までの過程で培われた、素早く走る、瞬時に止まる等の運動機能や友達と同じ目的を果たすための協調性、我慢する精神力に加え、やり遂げた達成感を総合し発表しました。

 
子どもたちは実体験により身に着けた能力を使いたがると言う特徴を持っています。一年間の生活の中で歌を歌ったり絵本の読み聞かせ、また友だち同士の言葉のやりとりなどの経験から歌詞や物語の世界をイメージしたり想像する力を培って来ました。
キラキラ発表会は発表の場としてみんなで協力してひとつのことをやり遂げる達成感を味わい、たくさんの人の前で発表することを経験したり楽しむ、ということはもちろんのこと、運動会で養われた力を土台にし、それらの能力を十分に発揮して、自分の体や言葉で表現し、形にして発表することを大きなねらいとしています。

 
ご存知の通り、乳児は乳児の能力、3歳は3歳、4歳は4歳と、能力には段階があります。キラキラ発表会で毎年行っている年長児の「大きくなったら」の言語発表は、年長児の発達の姿の集大成ともいえます。
 
この姿を小さい組の子どもたちは見て、年長組になったら必ずやるんだ!と、夢と憧れを持って成長していきます。
 
またその夢は七夕まつりの笹を使ってお星さまへたくすことから始まり、お泊り保育でキャンプファイヤーの前で夢を実現させる為に努力をする事を約束し、生活の発表とも言えるキラキラ発表会で「大きくなったら!!」の夢を発表します。そして、卒園祝いの催し「お別れ会」で園長先生から一人ひとり夢が達成できるよう魔法のパワーをもらうストーリーを経て卒園し、社会へ出ていきます。

 
その夢も、社会の為、家族、弱い人たちの役に立つ仕事を夢見る子どもや一番身近な両親のようになりたいという夢と様々です。これらの夢をはぐくみ続ける、トーマスぼーや保育園の子どもたちと保育の現場で共に過ごせることに誇りを持ち感謝しています。

 
なんと言っても発表会でその夢を語る姿は、私たちの心をとても熱くしてくれます。
そしてその思いを保護者や職員全員で共有することこそが意味のあることだと考えています。

 
ちょっとお固い話になってしまいましたが、発表会をただ行っているわけではなく、トーマスぼーや保育園では、このような思いがあって行っているということを知ってもらいたいと思います。

 
保護者の方々もこれを踏まえた上で発表会をご覧いただくと、お子様の成長をより楽しんでいただけると思います。

 来月の発表会が良いものによるように一日一日大切にして、過ごしていきたいと思います!!

 

2015年6月29日 (月)

研修ミーティング

保育園では月に一度、子どもたちが帰った後に研修ミーティングを行っています。保育者それぞれが自分の保育技術を磨いたり、自分の保育について他の人の意見をもらったり、より良い保育をするために保育の質を上げよう!という趣旨のもと行っています。

どんなことを行っているのかと言えば。。。
例えば、園長や指導主任、他の保育者たちが園児役になり、ピアノの弾き歌いをしたり、絵本の読み聞かせをし、みんなから意見や感想をもらいます。

今回の絵本担当の先生は0歳児向けの絵本を読んでくれました。
短い絵本でしたが、言葉の間、言葉の伝え方、絵の見せ方など色々な意見をもらいました。
担当の先生は、先生たちの前ということで、緊張していてなかなか思うように出来なかったと悔しそうにしていましたが、子どもたちの前で行う時はいつでも本番です。この気持ちをいつも意識してひとつひとつ大切に行っていってほしいという園長の言葉がありました。本当にそう思います。

私たちは「絵本を読む」という行為ひとつにしても、絵本の選び方、絵本が固定されているか、ページをめくるときに本が動くことに意図をもっているのか、伝えたいことは何か、など様々なことを考えて行っています。


絵本の読み聞かせは子どもたちの情緒を安定させるための大切な技術のひとつです。
ただ読む、だけでなく子どもたちに絵本からのメッセージ、また読み手からのメッセージを伝えることを大切にしながら行っていきたいと思います。


Cimg6712


2011年1月 1日 (土)

2011年元旦

2011年、あけましておめでとうございます。

本年もトーマスぼーや保育園をよろしくお願いいたします。

20100101140613

私の実家に飾ってあった、大きな鏡餅です( ^ω^ )

今年はもう少し更新できるようにがんばります。

2010年12月31日 (金)

2010年おおみそか

2010年もあと少しです。

みなさん、どんな1年でしたでしょうか?

20101231202901

新しい年を迎えるに当たり、

これからも、太く、長く、お付き合いができますように、

おいしく年越しうどんをいただきました。

では、よいお年を(o・ω・)ノ))

その他のカテゴリー